本文へスキップ

JR新宿駅より徒歩15分、地下鉄丸ノ内線・新宿御苑前駅より徒歩3分のヴァイオリン教室

電話でのお問い合わせはTEL.090-3238-7585

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-23-5 サンサーラ御苑701

教室理念POLICY


現在たくさんの音楽教室、ヴァイオリン教室があり、
そしてたくさんのヴァイオリンの先生がいらっしゃいます。
十人十色。
お教室によって様々な方針、先生によって様々な教え方があります。
ヴァイオリン指導に、絶対に正しい指導法は無く(もちろん多くの先生が共通して行う基礎練習はありますが)
指導をうけた先生によって全然ちがう演奏になります。

生徒さんの大事な時間を預かる。
それはすごく責任のあることです。
毎日同じ練習時間、同じ教材、同じ楽器でもついている先生によって全然上達具合が変わります。
先生の影響は絶大なんです。
他から当教室にうつってきた生徒さんの中には悲しくなるような指導を受けてきた方もいます…。
先生にとっては、多くの生徒さんのうちの一人でも、生徒さんにとっては、たった一人の先生。
ヴァイオリンについてのほとんどの情報が先生からなのですから、
自分の影響力を自覚し、絶対に間違えた基礎を教えてはならない。
私はヴァイオリンの先生というものをこのように考えています。

楽しくヴァイオリンを弾くことが上達への近道?
一見相反することのように思えますが、私のモットーとする、
ヴァイオリンをもっと好きに、もっと楽しく、は上達する一番の方法だと思っています。
楽しく弾いているなら勝手に上達する、ということではありません。
上達を実感することが、もっといい音が出せるようになることが、
ヴァイオリンの大きな楽しみだと考えており、
そう感じることで、よりヴァイオリンを好きに、楽しくなるのです。
コワーイ先生に怒られるから…必要にせまられ練習して上達する方法もあります。
(私も小さい頃はこっちでした)
子供をビシバシ厳しく指導する先生をお探しのご両親の方。
私どもはどちらかというと叱るのが得意なタイプでは無いので、
そのような先生をお探しでしたら、それは当教室ではないかもしれませんね。

きれいな音でヴァイオリンを弾けるようになるために大事なこと

@先生
A本人の熱意
(練習時間や質・どれほどヴァイオリンが好きか)
Bご両親の家庭での指導 ※子供の場合
C楽器

AにもBにもいえることですが、一週間のうち6/7がご自宅での練習です。
なかなか時間がとれなかったり、住宅事情などそれぞれありますが
練習の質を上げ、練習量を増やすことは、上達する上でとっても大事なことなんです。

ヴァイオリンを習っている子供をもつご両親の方へ。
初めのうちは、なるべくレッスンに一緒にきていただき、
レッスンの内容を一緒に聞いてあげてください。
子供はなかなかレッスンの内容を全部覚えておくのが難しいため
おうちでの練習で、うっかり間違えて弾いてしまっていたら
「先生はここはこうゆう風に、ってゆってたんじゃない?」
など教えてあげると、とても子供のためになります。
特に小学校低学年くらいまでの子供は、
ほとんどの練習をお父様やお母様と一緒にする場合が多いです。
お父様・お母様は、第二の先生、と言えるかもしれないですね。
時には何度も同じところで間違えるところを見て、イラッとするかもしれませんが
ここで怒鳴っては音楽が楽しめなくなってしまう!
ぐっとこらえて、アドバイスをするように教えてあげましょう。

そしてとっても大事な楽器について。
まだ楽器を持っていない大人の方へ
フルサイズのヴァイオリンは生涯使うことができる楽器です。
本人の生涯どころか、きちんと手入れをすれば
孫の生涯も、そのまた孫の生涯も使うことのできる楽器です。
ヴァイオリンを習うにあたって、自分の楽器を持つことが絶対条件といえるでしょう。
私は基本的に、長く続けるかどうか分からないのでとりあえず安い楽器、
という風な考えは持ち合わせておりません。
1万円の楽器から、10億円の楽器まであるヴァイオリン。
安かろう悪かろうで、安い楽器では本来の魅力がわからず
続くものも続かない、と思っております。
(残念ながら、一概に高かろう良かろうとは言えないのがヴァイオリン…)
ヴァイオリンって、弾きこんでいくほどどんどん鳴りやすくいい音になってくるんです。
自分と一緒に楽器も成長してくれてるみたいで本当にやりがいがあります。
(もちろん悪い楽器だとたいして変わりませんが。)

私どもは楽器屋さんでは無いので、メーカー・品番などの具体例をもって説明することはできませんが、
ヴァイオリンを楽しみたい、とお考えでしたら
最低6万円ぐらいのものを使っていただきたいと思っています。
(それ以下だと、しなくていい苦労まですることが多いので…)
6万円といっても、学校の備品レベルなので欲を言えば10万円代ぐらいは…?
気に入ったものが見つかり少し高いものを買ったが
後で後悔した、という話はあまり耳にしたことがないです。
逆に、安い楽器を買って日々もどかしい思いをされてる生徒さんは多少おりますが。
妥協して購入して、毎日気にいっていない音色の
ヴァイオリンを弾き続けることほど、つらいことはありません。
いい楽器を使い、いい音色を日々聴き、いい耳を育てることは
その人の上達に大きな影響を与えます。

いい楽器を求めればキリがないヴァイオリン。
もちろん予算は多ければ多いだけ、いい楽器に出会える確率はグッと増します。
でも予算をきっちり決めることもとっても大事!
同価格帯の楽器は無数にあります。
同じ値段でも、同じ工房でも、不思議と音は全然違ったりするんです。
ご自分の予算の中で、最高の楽器を探しましょう。(もちろんお手伝いします。)
時間をかけて納得いくものが見つかるまで探しましょう!

さらに上級な楽器を求める方へ
オール手作り(手工製)の楽器が、大体数十万円くらいからあります。
全ての削り出しを手作業で行っているため
作業が細かく、そのぶん音も格段に変わってきます。
また、弾きこんでいくうちの音の良い方向への変化も大きいです。
このあたりから、工房によって、楽器屋によって、かなり値段がまちまちになってきます。
手作りなため、ひとつひとつがオンリーワンになるので値段づけが定まらないのです。
ちなみに、「イタリア製のヴァイオリン」というのがブランドみたいに、
いい楽器の代名詞みたいな状態になってますが、イタリア製のヴァイオリンはすごい、
というわけではなく、日本人は手先が器用、という概念と同じ。
みんながみんなそうではなく、そうである場合が多いというだけの話。
楽器の表板に生産国がかいてあるわけではありませんし、
「イタリア製」という単語自体に、音を良くする作用は何にもないので
是非ご自分の耳が、感性が本当に気に入った楽器を…!
大事なのは出てくる音色、それに見合った価格ですからね!
価格についてひとつ言えることは・・・
某巨大楽器チェーン店では買わないほうがいいです。
販売員も最低限の知識しかなく、価格も高い設定なんですヨ〜。

子供用の分数楽器について
子供用のお洋服って、ちょっと大きめ〜ぴったりサイズを使うと思うんですが
子供用ヴァイオリンについてはちょっと大きめはお勧めしません。
サイズアップをするとただでさえ最初はひきにくく感じる上に
大きめの楽器で無理して弾くと、非常に弾きにくく
子供が弾くのをいやがってしまう可能性があります。
「どうせすぐ大きくなるから・・・」
すぐってどのぐらい?数か月?半年?
毎日練習する子供にとっての数か月は、とってもとっても長いですよ〜!
少し小さくなるまで使って、次のサイズの楽器がちょうどいいくらいに
なってからが替え時かもしれませんね。
また、分数サイズで初めての楽器を買う場合、上の大人用ヴァイオリンのところでも申しましたが、
続くかどうかわからないから、安いものを、という考えにはあまり賛同できません。
特に無限の可能性を秘める子供にとっての初めての楽器というのは非常に大事なものです。
1年ほどで次のサイズに替えなければならないのであまり高価なものはいらないと思いますが、
お教室の後輩に譲ったり、初楽器なので記念にとっておいてアンティークにしたり
みなさん結構有効活用してらっしゃるんですよ〜。

以上、当ヴァイオリン教室の考え方でした。
ご質問等ございましたら電話やメールでお気軽にご連絡下さい!

バナースペース

shop info店舗情報

レッスン時間

月曜日 14:00〜21:00
火曜日 14:00〜20:00 
水曜日 13:30〜16:00
木曜日 15:00〜20:00  
金曜日 13:00〜20:00
土曜日 11:30〜18:00




コウ ヴァイオリン教室

〒160-0022
東京都新宿区新宿1-23-5
     サンサーラ御苑701
TEL. 090-3238-7585
MAIL. info@kou-vn.com